カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様からの声 サイトマップ
RSS
   1,000円(沖縄は25,000円)以上お買い上げで送料無料!※離島除く

 商品のお問合わせはメールで E-mail:shopmaster@fbsound-tanashi.net

  各種キットの製作を承ります。料金・納期はお問い合わせください。

■ MM-141ST セミトールボーイバックロードホーンの製作

背高のバックロードホーン MM-141STを組み立ててみます
MM-141ST    MM-141ST
これが部品全部です。左右の側板や
外・中板ターミナルなどです。

   まず、下準備です。外板にターミナルを取り付ます。
  ターミナルはしっかりと奥まで差し込みます。

MM-141ST    MM-141ST
ターミナルにスピーカーケーブル
を取付ます。ケーブルを上向きに出すのがポイント。

   左板にナットを差し込みます。
 

MM-141ST    MM-141ST
左板の上に中板を積み重ねていきます。 

   綺麗に揃えて4枚全部重ねます。 

MM-141ST    MM-141ST
中板が綺麗に積み重なったところで
棒状のネジを差し込み2回転くらい
回してナットと接続。  
 
  

   外板も同様に積み重ねます。
  4枚中の中2枚はターミナルの付いた板です。
  スピーカーケーブルを外板の 溝に通します。
  このとき、上の溝には赤ターミナルからきている
  ケーブルを通すと後でスピーカーユニットを
  取り付ける時に +側の目印になります。 

MM-141ST    MM-141ST
右板を載せ、ナットで仮締めをします。
その後立てて水平出しをします。 

   吸音材を入れます。
 

MM-141ST

バッフルを取り付けて、ナットの本締めをして、
これでエンクロージャーは完成!
尚、バッフル裏の接着テープはまだ使用しないでください。 

次に、バッフルにスピーカーユニットを取り付けましょう。
FOSTEX FE83Enを取り付けます。


 

MM-141ST    MM-141ST
バッフルを外してスピーカーユニットを載せ
穴位置に印を付けます。 

   ポンチで穴位置決めをします。
 

MM-141ST    MM-141ST
ドリルで木ねじ用
下穴をあけます。2mm程度の刃を使用。 

  スピーカー付属のネジで取り付けます。
  スピーカーとバッフルの間にはスピーカー
  付属の緩衝材を入れるのを忘れずに。 

MM-141ST
スピーカーユニットにケーブルを差し込みます。 
この時、BOX内部から出ているケーブルの上側が+側です。
+側と−側を間違えないように差し込みます。

 
 

MM-141ST
バッフルを取り付けて側板のナットを均等に締めます。 
ナットを締めつけてもバッフルが固定されない場合は
付属の隙間板をバッフルとエンクロージャーの間に挟みます。
バッフル裏には固定用の接着テープが付いていますが
隙間板を使えばテープで接着しなくてもきちんと固定されます。