カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様からの声 サイトマップ
RSS
   1,000円(沖縄は25,000円)以上お買い上げで送料無料!※離島除く

 商品のお問合わせはメールで E-mail:shopmaster@fbsound-tanashi.net

  各種キットの製作を承ります。料金・納期はお問い合わせください。

■ WATZ VU-1000 キットの製作

WATZのVUメーター組み立てキット 「VU-1000」を作ってみましょう。
このキットには詳しい説明書が付いています。説明書に沿って組み立てていきましょう。
部品によっては方向性のあるものもあります。よく説明書を読めば間違えなく出来上がります。


電子部品全部です。作業に入る前に部品に不足
がないか確認します。
 
 ケースやパネル貼り付けのラベルなどです。
 

周りの不要部分とVR穴カットの前作業をした
ラベルをケースに貼ります。
 
 貼り付け完了後にメーターの穴をカットします。
 ゆっくりとカッターで切りだします。

ラベルの切った断面は紙の地の白色が出て 
しまうところがありますのでフェルトペンで黒く塗ります。
 
 ケース背面にピンジャックを取り付け、その後DCジャックを
 取り付けます。 

サブパネルにメーターを取り付けます。
 
 
 サブパネルにVR類を取り付けます。
 

サブパネルを裏側から見たところです。
メーターの端子にコンデンサを取り付けます。
 
 プリント基板の組み立てに入ります。
 背の低い部品からはんだ付けしていくのがミソです。 

抵抗などはピンセットを利用して足を曲げると
きれいに仕上がります。
 
 一通り基板に刺したところでいっぺんに
 はんだ付けします。

次々と背の低い部品からはんだ付けしていきます。
電解コンデンサは背が高いので一番最後です。
 
 プリント基板が完成したらケースの組み立てです。
 電源スイッチや先ほど作ったサブパネルを取り付けます。

プリント基板をケース内に取り付け、ケース内
の配線をします。
 
 線の引き回しなどに注意を払うときれいに仕上がります。
 

VRツマミ、貼り付けゴム足を付けて完成です。

ページトップへ